【チア☆ダン7話・あらすじと感想】私らには夢がある。何よりもかなえたい夢があるんや

チア☆ダン

春、ROCKETS結成から9ヶ月
私は3年生になった
できっこない夢をかなえるために
私たちは日々、全力を注いでいる
けど、1日は24時間で時間は無限にはない

【藤谷わかば】

チア☆ダン7話の登場人物(敬称略)

藤谷わかば・・土屋太鳳
桐生汐里・・石井杏奈
柴田茉希・・山本舞香
栗原渚・・朝比奈彩
榎木妙子・・大友花恋
橘穂香・・箭内夢菜
蓮実琴・・志田彩良
桜沢麻子・・佐久間由衣

麻生芙美・・伊原六花
梶山カンナ・・足立佳奈

柳沢有紀・・八木莉可子
稲森望・・堀田真由

椿山春馬・・清水尋也
榎木洋・・星田英利

藤谷勝也・・高橋和也
藤谷あおい・・新木優子

漆戸大和・・高村佳偉人
漆戸今日子・・松本若菜

桜沢伸介・・木下ほうか
蒲生駒子・・阿川佐和子

漆戸太郎・・オダギリジョー

チア☆ダン7話の基本情報

放送日:2018年8月10日午後10時
放送局:TBS系列
脚本:渡邉真子
演出:渡部篤史
視聴率:7.1%

チア☆ダン(TBS公式サイト)

チア☆ダン7話の使用曲

Shout Out to My Ex(Little Mix)
Wild Ones(Flo Rida)
Because We Can(Fatboy Slim)
We Can’t Move To This(Ellie Goulding)

優勝のためにはすべてを捨てる?

春になり、わかば(土屋太鳳)は3年生になった

チアダンス部を結成して9カ月
最初わかばと汐里(石井杏奈)の2人だけだったチアダンス部も
今や20人となった

顧問の太郎(オダギリジョー)が入院している間
代理で桜沢教頭(木下ほうか)が顧問を引き受け
わかばの姉・あおい(新木優子)がコーチを務める中で
自信に満ちた踊りをするROCKETS一同

1日24時間という限られた時間の中で
全米制覇を目標とするROCKETSは一切の時間を無駄に出来ない

北信越チャレンジカップまであとひと月をきり
今回はJETSが出ない大会なだけに
「優勝出来ないはずがない!」と気合を入れる一同

桜沢教頭は、学業以外は全てチアダンスに捧げるくらいの覚悟が必要と言い
チアダンス部に恋愛禁止を言い渡す

だが、その直後も汐里は
春馬(清水尋也)の姿を見るや黄色い声援を送る

その姿を見てため息をつく麻子(佐久間由衣)の前に突然
一学年下の男子生徒の水嶋(遠藤健慎)が現れ
連絡先が書いてあるラブレターを渡す
動揺を隠せない麻子だったが――

一方、妙子(大友花恋)の父親が腰を痛めてしまい
お店を手伝わなくてはいけなくなった妙子

練習になかなか顔を出せなくなり
だんだん周りとのズレが目立ってきた

妙子はROCKETSの優勝の為に、ある思いをみんなに伝える――

(公式サイトより引用)

あからさまに恋愛禁止は打ち出さなくてもいい

俺はROCKETSが大事や
みんなの夢は俺の夢になった
でもな、俺は自分の身体のことも大事やし
いつも心配してくれてる家族のことかて大事や
なあ藤谷、何かを手に入れるためには
必ず何かを捨てんとあかんのかな

【漆戸太郎】

このドラマ、やろうとしていることは間違っていないんですが
もう少し良い意味での「ひねり」がほしいんですよね

王道のスポーツ青春ドラマなんですから
「恋愛禁止」の看板はあえて出さなくてもいいんですよ

むしろ、今の時代は昭和と違いますから
「ほしがりません。勝つまでは」のスピリッツは違うと思うんですよね

恋をすることでパワーが上がるという場合だってあるんです

もっとも「恋愛禁止」を打ち出したのは教頭先生なので
彼は自分の娘の麻子を心配していたんでしょう

でも麻子は1学年下の男子生徒から手紙をもらって
ラインで交流するようになってしまいました

はっきりと「好き」ということは言っていませんでしたが
いつもはクールな彼女がボケッとしたり
何かに動揺する様子が見られたので
やっぱり恋はしてしまったみたいです

今回いちばんたいへんだったのは妙子でしたが
彼女はもっと自分に自信を持っていいと思います

家の手伝いをしながら、チアダンスの練習もがんばるなんて
本当にすごいじゃないですか

最初はダイエットのために踊りたいという不純な動機でしたが
妙子はきっとチアダンスをやることで
生き生きとした躍動感をつかめたのかも知れません

勝つためには「技術」が大事ですが
それ以上に重要なのは一糸乱れぬ「団結」なんですよね

できないから「やめさせる」ではなく
どうしたら「できる」ようになるのかを
一緒に考えることがチア・スピリットだと思います

ROCKETSはそれがわかったから優勝できたんですよ
JETSとの対決がはやくみたいものです

今週の台詞集

君たちはあの頃とは違う
積み重ねてきた努力と仲間を信じれば
きっと大丈夫だと僕は思っています

【漆戸太郎】

いいですか
24時間のうち寝ている時と学業以外は
すべてチアダンスに捧げるくらいの
覚悟がいるということです
いまはチアダンス部にとって、とっても大事な時期です
ということで今後チアダンス部員は全員、恋愛禁止です

【桜沢伸介】

でもね、恋ってするなと言われて
やめられるものでもないし
さりとて、しろと言われて
できるものでもないのよ
まあ、そんなに難しく考えなくても大丈夫

【蒲生駒子】

私も、みんなと同じや。大会は絶対勝ちたい
でも、妙子をはずすのはやっぱり違うと思う

確かに家のことがあってから
妙子は練習不足でレベルが足りてない
いやでって、サボってるわけでない
ずっとがんばってきた

今があかん時なら、それをあかんくないように
みんなでどうにかできんかな

チアのために何もかも捨てて、いっぱい時間作って
そんな風にがんばれたらいちばんや

でも、それは無理な時もある
今日は平気でも、明日は何かあるかも知れん

そのたびにチア以外捨てられんかった人が
脱落して行くんか?

確かにチアは大事や。勝ちたい!

だけど、そのために仲間がいなくなって
大切な何かを手放して、それで何が残る?

私はみんなと踊りたい

ROCKETSは20人でROCKETSや
仲間が大切なもんは私も守りたい

【藤谷わかば】

悩むところが違ってた
レベルが足りてない仲間を切るか切らないかじゃない
どうやってレベルを上げるべきか、考えるべきだった・・・ごめん

【桐生汐里】

私はわかばが出した結論
ROCKETSらしいって思ってる
でも、私が妙子を外すべきではないと思う理由は
みんなと違うんや
妙子はメンバー間の空気を読む力が誰より優れてる
みんなが気持ちよくやれるように気を遣うことができる
私はコーチとして勝つために
妙子の大会に出すべきやといまこの瞬間も思ってるよ

【藤谷あおい】

私はあんまり器用な人間でないんや
恋も勉強も部活もなんていっぺんには無理や
やけど、楽しかった

【桜沢麻子】