【チア☆ダン8話・あらすじと感想】たとえ世界中があなたを疑ったとしても、私はあなたを信じると誓う

チア☆ダン
わかば
穂香、そういえばこれって、どういう意味なんや?
穂香
You’ll never walk alone のこと?
わかば
うん
穂香
君はひとりぼっちじゃない。すっと一緒に歩いて行くって意味
わかば
へえ・・・
穂香
そういう歌があるんや
昔、イギリスに住んでた時に
リバプールっていうサッカーチームの
何万人ってサポーターがスタンドで合唱してるのを聞いて
なんかその一体感に感動してもて
麻子
たとえ君の夢が破れても
希望を胸に抱いて進もう
君はひとりぼっちじゃない
穂香
これ書いた頃は、まだチームもできたばかりで
バラバラだったやろ?
やで、ひとつになりますようにって
願いを込めて書いたんや
汐里
そっか・・・なんかついこの間の話みたいだよね

チア☆ダン8話の登場人物(敬称略)

藤谷わかば・・土屋太鳳
桐生汐里・・石井杏奈
柴田茉希・・山本舞香
栗原渚・・朝比奈彩
榎木妙子・・大友花恋
橘穂香・・箭内夢菜
蓮実琴・・志田彩良
桜沢麻子・・佐久間由衣

麻生芙美・・伊原六花
梶山カンナ・・足立佳奈
稲森望・・堀田真由

柳沢有紀・・八木莉可子
椿山春馬・・清水尋也

藤谷勝也・・高橋和也
藤谷あおい・・新木優子

桜沢伸介・・木下ほうか
蒲生駒子・・阿川佐和子

チア☆ダン8話の基本情報

放送日:2018年8月31日午後10時
放送局:TBS系列
脚本:徳尾浩司
演出:福田亮介
視聴率:6.6%

チア☆ダン(TBS公式サイト)

チア☆ダン8話の使用曲

You’ll Never Walk Alone(Susan Boyle)

汐里に降りかかった疑惑とは・・・

夏になり、全国大会への切符をかけた関西予選大会に向けて
練習をするROCKETS一同

わかば(土屋太鳳)を含めた3年生は
高校を卒業した後の進路について決めていく時期になった

汐里(石井杏奈)はアメリカでチアダンスをしたいと語り
麻子(佐久間由衣)は大学の教育学部への進学と、それぞれに目指す進路を決めていく

そんな中で、わかばは先の事なんて全然考えていなかったと
三者面談で「全米制覇」と書いた進路希望調査の紙を出し
母親の房子(紺野まひる)と担任の杉原(本多力)を困らせる

そんなある日、練習を終えた汐里の元に
汐里の母親から電話が掛かってくる

家族よりも仕事を優先し
離婚してからは連絡をすらほとんどなかった汐里の父親・光俊(津田寛治)が
汐里に話があると東京に呼び出す

光俊は「秋にアメリカに転勤することになったから
一緒にアメリカに行ってチアダンスをしないか」と汐里に伝えるが
汐里は「あたしの事は放っといてよ!」とその場から立ち去る

帰り道、不機嫌な様子で東京を歩いていた汐里は
転校前の学校の制服を着た女子高校生が
男性に付きまとわれているのを偶然見つけ、気になり後を追う――

一方福井では、渚(朝比奈彩)が進路の事で父親と大喧嘩になり
わかばの家に家出して来る

わかばも将来の事を真剣に考えはじめ
父親の勝也(高橋和也)が仕事をしている姿を見てある思いを抱く

その後、東京から福井に戻ってきた汐里だったが、練習中も上の空
そんな汐里を見て心配になるROCKETS一同

そんな中、2年生がネットで汐里に関するある記事を見つける

その記事の件はわかばたちの耳にも入り
どういう事か汐里に問いかけるが汐里は黙ったまま

そして、「チアダンス部を辞めてお父さんのアメリカ転勤に
私も一緒に付いて行ってアメリカでチアダンスをやる」と言い出す

果たして汐里の身に何が起きたのか――

(公式サイトより引用)

スーザン・ボイルの名曲に胸が熱くなった

それは間違ってる
汐里がやめたほうが迷惑や
私は汐里を信じる
たとえ世界中がどんなに汐里を疑っても
私は汐里を信じる

【藤谷わかば】

ここのところ、脚本が弱いかな・・・と思っていたんですが
今回は本当に感動しましたね

汐里はROCKETSの生みの親ともいえる存在ですが
人助けをしたために、まさかの事件に巻き込まれてしまいました

たぶん、相手側の言いがかりじゃないかと私は思いましたが
スポーツ系の部活では暴行などの不祥事が発覚すると
試合に出られなくなったり、最悪のケースでは廃部に追い込まれます

汐里はそれを充分にわかっていたので
わかばたちには何も言わずにお父さんとアメリカに行こうとしました

彼女は何よりもチアダンスが好きで
ROCKETSの仲間のことも大好きなんですが
自分のせいで迷惑がかかって、傷ついてしまうのを見てられなかったんです

でも、大切な相手にはきちんと
自分の正直な気持ちを言わなければ
あとで本当に後悔することになります

汐里はようやくそれに気づくことができ
仲間の励ましや教頭先生の協力で事件も無事に解決することができました

今回、太郎先生はお休みでしたが
代わりにスーザン・ボイルの名曲を聴くことができました

実は私、初めて聴いたんですが
感動して思わず泣いてしまいました

何があっても自分の大好きな存在を信じるというのは
人にとっていちばん大事なことだと思います

You’ll Never Walk Aloneの和訳

When you walk through a storm
Hold your head up high

And don’t be afraid of the dark

At the end of the storm
There’s a golden sky

And the sweet silver song of a lark

Walk on, through the wind
Walk on, through the rain

Though your dreams be tossed and blown

Walk on,
walk on, with hope in your heart

And you’ll never walk alone
You’ll never walk alone

Walk on,
walk on, with hope in your heart

And you’ll never walk alone
You’ll never walk alone

嵐の中を進むなら
顔を上げて前を向こう

そして暗闇を決して恐れるな

嵐が過ぎ去ったそのさきに
済みきった青空が広がっている

小鳥たちの美しい音色が響いている

風に立ち向かっていこう
雨にうたれても止まることなく

たとえ君の夢が破れても
前に進もう

希望を胸に抱いて進もう

君はひとりぼっちじゃない
君はひとりぼっちじゃない

前に進もう
希望を胸に抱いて進もう

君はひとりぼっちじゃない
君は決してひとりじゃない

今週の台詞集

大会が終われば、私たちは卒業する
ROCKETSがもうすぐ離れ離れになるなんて
いままで考えもせんかった

【藤谷わかば】

JETSには「ウェルカムピンチ」っていう
言葉があるんやよ
ピンチはチャンスの最上級って
JETSの早乙女先生がいっつも言ってたの
悩んで、苦しんで、時には喧嘩して
そうやってチームは強くなる

【藤谷あおい】

ふざけんな
私は汐里が作ったロケットに乗ったんや
なのにお前が降りたら
残されたうちらはどうしたらいいんや

【柴田茉希】

身近な人にこそ
ちゃんと言葉にして伝えなきゃあかんのよ
自分の間違いって
なかなか気づけんもんやろ?
でも、自分のために間違ってるって
言ってくれる人の存在って
すごくありがたいと思う

【藤谷あおい】

みんな、これから関西予選大会があって
全国大会があって全米制覇したとしても
高校生活には終わりが来る
みんなと一緒にいられるのも
あともうちょっとしかない
私はみんなとお互いの夢を応援しあって
間違ってるところはちゃんと言い合えるような
そんなかけがえのない
一生の仲間になりたいと思ってるんや

【藤谷わかば】

汐里、ここにいまROCKETSがあるのは奇跡やろ?
汐里がつくってくれた奇跡なんや

【藤谷わかば】

うちの大事な生徒の大事な夢を
邪魔せんでくれんか

【桜沢伸介】