【サバイバル・ウェディング7話・あらすじと感想】幸せになる力を持たなきゃ、すべては始まらない

サバイバル・ウェディング

20歳の顔は天からの授かり物
30歳の顔は自分の生き様
50歳の顔には価値がにじみ出る
これはココ・シャネルの言葉だ

【宇佐美博人】

サバイバル・ウェディング7話の登場人物(敬称略)

黒木さやか・・波瑠
宇佐美博人・・伊勢谷友介

柏木祐一・・吉沢亮
石橋和也・・風間俊介

三浦多香子・・高橋メアリージュン
奥園千絵梨・・ブルゾンちえみ
杉優子・・須藤理彩
中島鉄男・・前野朋哉
高橋涼太・・小越勇輝
橋本マイ・・ついひじ杏奈

中谷ユリ・・立石晴香
栗原美里・・奈緒

柏木惣一・・生瀬勝久
黒木美恵子・・財前直見

マスター・・荒川良々

サバイバル・ウェディング7話の基本情報

放送日:2018年9月1日午後10時
放送局:日本テレビ系列
原作:大橋弘祐『SURVIVAL WEDDING』(文響社)
脚本:衛藤凛
演出:小室直子
視聴率:9.7%

サバイバル・ウェディング(日本テレビ公式サイト)

行方不明の元カレとタメ口になった王子様

ある日のこと
さやかは和也の同僚から電話をもらいます

すると彼から「和也が行方不明になった」と聞いて驚くのでした

和也は仕事が順調そうに見えましたが
実は実力不足でひそかに悩んでいたのです

そのため社内でのリストラ対象になってしまい
系列企業に出向させられたのでした

さやかは同僚に和也が見つかったら教えてくれと言われましたが
過去の彼とのいきさつから、もう関わりたくなかったのです

でも、自分の電話に何度も非通知の着信があったので
それは和也ではないかと思いました

そんななか「riz」ではさやかの後輩のユリが
伊達政宗にゆかりのあるパワースポットで素晴らしい出会いがあったといいます

これがきっかけで「riz」ではパワースポットの話題が持ちきりになり
編集長の宇佐美は特集を組むことを決断しました

さやかは仕事をがんばりつつ、柏木とのデートも重ねていましたが
彼との仲は敬語からタメ口に変わったくらいで、結婚までは程遠いものでした

すると、柏木から
インドへの出張から戻ったら「大事な話がある」という連絡があり
さやかの心は期待と不安で大揺れになりました

宇佐美の結婚観がわかったが、過去が気になる!

するわけないだろう?
結婚なんてな、女が男から搾取するために
つくられたシステムだ
男の権利を半分にして義務を2倍にする
それが結婚だ

【宇佐美博人】

私はこのドラマの肝となるのは
宇佐美のうんちく話と名言だと思っています

さやかと柏木の恋バナは微笑ましいですが
ちょっと普通すぎる感じがするので
宇佐美がいい味付け役だと思っているんですよね

今回の名言もカッコ良かったです

「パワースポットに頼ることなく幸せになる力を養え」とは
婚活以外にも使えるじゃないですか

そんな宇佐美ですが
いままでにどんな恋愛をしてきたのか気になりますね

何かわけあって「独身主義」を貫いてるみたいですが
ブランドに入れ込みすぎて、給料のほとんどをつぎ込んでいるんでしょう

それでは妻や子を養うことは到底無理ですし
彼の性格からすると、束縛はもっとも嫌いそうなので
あの年になっても結婚しないんですよ

多香子と優子はさやかに宇佐美とくっつくよう言っていましたが
たぶん単なる冷やかしですね

さやかのリアクションを見て、2人は楽しんでいましたから

柏木の「ゲテモノ食い」にはビックリしましたよ
ワニはともかく、サソリって本当に美味しいんでしょうか・・・

さやかは彼と結婚しても構いませんが
食生活と義理の父親となる社長に苦労しそうです

和也は気の毒ですが
さやかにした仕打ちを考えると
「リストラされて可哀想だね」とは言えません

学生時代にもてはやされてた人が
社会人になって輝きを失うというのはよくあることですが
そこは逃げないでしっかりがんばってみましょうよ

男って「プライドの生き物」ですから
女には絶対弱みを見せたくないって考えますが
大好きな恋人の前ではカッコ悪くなってもいいと思います

和也がありのままの自分をさらけ出すことができたら
さやかとは順調に付き合って、きっと結婚していましたね

でも、流されずに和也としっかりけじめをつけたさやかは
前より成長したのではないでしょうか

私としては宇佐美とくっつかないのが残念ですが
前向きにがんばるさやかのことは、これからも応援したいですね

今回の台詞集

まあ、占いとかパワースポットとか
非科学的なものも一概には否定できないけどな
クリスチャン・ディオールだって
占いを信じていたし
ディオールは自身のブランドを立ち上げる時
信頼する占い師に相談し
当時の有名店のアーティスティック・ディレクターの話を断って
自分の店を開いたんだ

【宇佐美博人】

ああ、幸せ
好きな人といると
どこでもパワースポットなんだなぁ

【黒木さやか】

人間なんてな、しょせん動物だから
好きな服着て、好きなことして
美味いもん食って飲んで笑ってれば
どんなに落ち込んでいても
力が満ちるようにできているんだ
知らない寺や神社に行って手を合わせたところで
アゲアゲにはならないだろう?

【宇佐美博人】

食は見た目じゃないですよ

【柏木祐一】

何事も挑戦と経験ですから

【柏木祐一】

お前も編集者なら
市場で感じたことを紙面に反映させる嗅覚を養え

【宇佐美博人】

知ってるか?世界中の人に
「どんな時に幸せを感じるか」というアンケートを取るとな
国や宗教に関係なく
だいたいの奴が結婚した時と答える
人間の脳は勝手に引き寄せられて
結婚するようにできてるってことだ

【宇佐美博人】

結婚したくない男がいるわけないだろう?
一生、孤独に生きて行くことになるからな
そんな覚悟ができているのは
まあ、俺くらいなものだろう

【宇佐美博人】

いいか、社会がどんなに男女平等になっても
男が稼いで家族を養うという
何万年も続いた生き方がしみついているんだ
女がいい条件の男がいないって悩むように
男は養って行く自信がないと不安になる
だから男は結婚に二の足を踏む

【宇佐美博人】

女は結婚したら多かれ少なかれ
経済的に支えてほしいと思うし
男だって家族を養うのは当然と考える
時代は変わっても、社会通念はそう簡単には変わらない

【宇佐美博人】

違う。補うべきはもっと精神的なものだ
男が人生に迷ったら、こう言ってやれ
「無職になったら、養ってやる」って
どんなに金をもっている奴でも
将来どうなるか、わからないんだ
勤めている会社が倒産するかも知れないし
病気になるかも知れない
そんな時、お前が男になって男を支えてやれ

【宇佐美博人】

つまりな、誰かに幸せにしてもらえるよう
拝むんじゃなくて
人を幸せにできる人間になれってことだ
外見の美しさなんて、いつかは価値が下がるだろう?
でもな、人を幸せにする力っていうのは
年をとっても価値が下がることはない

【宇佐美博人】